• ホーム
  • 失敗率の低いピルは、避妊薬として確立している

失敗率の低いピルは、避妊薬として確立している

笑顔の女性

最近は男性と女性の付き合い方もとてもフランクになっています。
将来のことを考えなくても性交渉をして相手の気持ちを確かめ合うということも普通になっている時代です。
多くの人が気軽に性交渉をする時代でもやはり気になるのは妊娠の可能性のことでしょう。
日本では男性のコンドームが知られているのですが、最近は徐々に女性が自分でできる避妊方法としてピルを服用する方法が知られるようになりました。
コンドームは破けたりして失敗することがあるのですが、ピルの場合ではきちんと毎日飲み続けることで成功率が高まります。
飲み忘れなどがないと、本当に0%に近いほどの失敗率のきわめて低い方法でもあるので、おすすめなのです。
ただ、性感染症の予防などには効果が期待できないので、できることならコンドームを使用したほうがいいといえましょう。
ピルの仕組みとしては、ホルモン剤が入っている錠剤を毎日きちんと飲んでホルモンバランスを整えます。
女性の排卵を抑える作用があるので、男性の精子と出会うこともないために妊娠を避けることができるというわけなのです。
海外においてはいち早く避妊薬として確立されてきたものであって、本当にメジャーな方法になっています。
日本で入手する方法としては、産婦人科などの医療機関を受診して処方してもらうようになります。
一度受診をすると数か月分は出してもらうことができるので、きちんと飲むようにしていきます。
また、法的には海外からの個人輸入に限って入手することもできるようになっているので、一度試したものを次回から通販に切り替えるということもできるのです。
今後、日本の社会においてもますます浸透していくことになるでしょう。

関連記事