• ホーム
  • ピルとフラコラの併用のデメリットとは

ピルとフラコラの併用のデメリットとは

ピルは毎日飲むことで避妊効果を得ることができたり、ホルモンバランスを整える作用があるため生理不順や子宮内膜症、更年期障害などの症状の緩和にも効果があるとされています。
排卵を抑制して子宮を休ませる作用があるので、卵巣がんや子宮体がんの発生防止にも役立つことから最近では避妊をするためではなくそれ以外の目的で服用する人も増えています。
ピルには、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの類似ホルモンが含まれているため、体を妊娠したような状態にすることで避妊を回避します。
そのため、場合によっては併用におけるデメリットも存在することがあります。
サプリメントや美容液の類には、女性ホルモンを活発化させる作用のある植物エストロゲンが含まれているものがあります。
例えば、大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをすることから体内に入ることで体内のエストロゲンの働きを活性化してしまうことでバストアップや美肌に効果をもたらすような作用があります。
しかし、あらかじめピルを服用している場合には、そういったエストロゲンの働きを活発化させてしまう成分と併用するとホルモンバランスが崩れて体調に影響することがありますので注意が必要なのです。
エストロゲンの働きを活発化させる成分が含まれているものとして、飲む美容液と呼ばれているフラコラや、バストアップサプリには多くの植物エストロゲンが含まれています。
単体で利用する分には良い効果が期待できるのですが、ピルを服用している場合には思わぬ健康被害へと発展することもありますので、自己判断で併用するのはやめた方が良いといえるでしょう。
エストロゲンは、髪や肌にハリを持たせたり女性の身体を女性らしくするのに役立つとされていますが、何事にも過剰になってしまうとデメリットとしてあらわれることもありますので植物エストロゲンが含まれたサプリなどと併用しないように気を付けましょう。

関連記事