• ホーム
  • ピルでPMSを緩和して気分屋卒業

ピルでPMSを緩和して気分屋卒業

自信を持っている女性

女性にとってつらいのが生理の時のPMSの症状です。
これは生理前に心や体の不調が出ることですが症状の種類は200種類以上にも及びます。
人によってどのような症状が出るのか違いがありますが代表的なのが情緒不安定にあり人に当たってしまったりイライラしたり憂鬱な気分になるなどです。
体に起こる症状と言えばニキビができたり体がむくんだり顔が赤くなったり胸が痛くなるなどの症状があります。
ホルモンのバランスが生理前に崩れることによって起こるのですが生理が終わらない限りは永遠に続く可能性もあります。
女に生まれたので仕方ない、我慢しなければいけないわけではありません。
実はピルによってこの症状を改善することができます。
ピルと言えば避妊の薬のイメージが強いかと思いますが実はホルモンのバランスを整えてくれる作用もありますので生理前の不快な症状を改善するのに利用する方もいます。
これで嫌な症状がなくなれな生理のときも楽しく過ごすことができます。
アクティブに過ごすことができますしジブのイライラによって他の人に不愉快な思いをさせることもありません。
生理なのでイライラして周囲の人に当たっても仕方ないと免罪符にしてはいけません。
あまりにも気分屋ですとそのうち嫌われてしまいます。
薬1つで人間関係を良くできるなら使ってみたほうがいいでしょう。
我慢せずにピルを飲むことを検討してください、病気でもないのに薬を飲むことに抵抗のある方もいらっしゃいますがただピルは低用量ものですと成分を少なくしていますのでそれほど副作用は出ません。
血栓症という副作用はまれにしか出ないものですしそもそもそのようなリスクのある方にはピルは処方しませんので安心してください。
また、女性ホルモンを補充する目的でしたら、ピルではなくホルモン補充薬の使用もおすすめです。
プロギノバで女性ホルモンを活性化することができますので、ピルは抵抗あるという人も比較的手軽に使用できるでしょう。

関連記事